株式会社小出製作所|静岡県磐田市の金型製造メーカー

お知らせ

NEWS

お知らせ

2023/12/18

「NAGASAKI WORK STYLE」に掲載されました

NAGASAKI WORK STYLE

長崎市が運営しております、企業紹介サイト「NAGASAKI WORK STYLE」に掲載されました。

小出製作所の紹介と「AI・FAラボ長崎」所属社員インタビューが掲載されています。


◇◆画像をクリックして掲載記事のURLへお進みください◆◇

                  
今回掲載されました「NAGASAKI WORK STYLE」は下記のURLになります。
https://nagasaki-workstyle.com/

2023/12/13

長崎県から、優良企業の認証を受けました

Ko-Cas Care

「長崎県誰もが働きやすい職場づくり実践企業認証制度」において、一つ星の認証を受けました。

1) 承認期間    令和5年12月13日~令和8年12月31日
2) 承認番号    00174
3) 対象事業所名 株式会社小出製作所 長崎事業所

『長崎県誰もが働きやすい職場づくり実践企業認証制度』
(愛称:ながさきキラキラ企業) 略称:『Nぴか』

年齢・性別に関係なく、誰もが働きやすい環境づくりに積極的に
取り組む県内企業を、県が優良企業として認証する制度です。
「仕事と育児・家庭の両立」、「働き方改革」、「女性の活躍推進・男女共同参画」
の3分野で評価される認証制度です。



                              


2023/11/13

砂鉄から‘鋼”を作ってみました!

小山鋼材株式会社様主催のもと、弊社駐車場にて”たたら製鉄”の実習が行われました。

実演の際、ノロ(不純物)の排出を残念ながら見ることはできませんでしたが、装置を分解の際に大量のノロが出てきました。

目的の鉄であるケラ(鉧)は、小山鋼材株式会社様実演史上最大の5.9㎏を取り出すことができました。

事務所にて展示してあります。ご興味のある方は是非お手に取ってご覧ください。


《たたら製鉄》
日本古来の着雪製鉄法
たたらは高さ1.2m程度、幅0.6m、長さ2.5mぐらいの長方形の開口炉で、砂鉄鋼と木炭を交互に層状に装入し、底辺側面に並べてうがたれた羽口から送風する。
送風が強く炉温が高いと溶鉄が炭素を吸収して製品に銑鉄(くず)が多くなり、炉温が低ければ炭素の少ないけらが多くなる。
溶錬が終ると炉をくずして底の鉄塊を取出し、砕いてけらと銑鉄を選別する。
その中で良質なものを玉鋼(たまはがね)という。
        

2023/11/1

THE KOIDE TIMES Vol.27 発刊しました

Ko-Cas Care

今回から一般公開しました。
様々な社内行事や新たな取り組みなど情報満載です!

CONTENTS
1)新入社員&インターシップ学生紹介
2)第17回改善事例発表会
3)良き良き情報
4)小出製作所ホームページリニューアル
5)アルコールチェック検知器の義務

◇◆画像をクリックしてダウンロードを行ってください◆◇
                              


Ko-Cas Care

アルミダイカスト金型は, 溶湯の高圧射出に加えて、溶融アルミニウムにより急加熱され、
離型剤塗布による急冷という過酷な条件で使用されるため、一般的な金型寿命は10万ショットとも言われます。

しかし …『金型は高価であるし…もっと長く使いたい!』というお客様の声に
金型製作メーカーである当社が新たな新サービスとしてご提案いたします。

2023/08/24

ホームページをリニューアルしました

お知らせ

日頃より株式会社小出製作所のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

この度、ホームページを全面的にリニューアルいたしました。

より使いやすいホームページを目指して、デザインとページの構成を見直し、新規機能を追加いたしました。

またスマートフォンやタブレットでの表示に対応しましたので、デバイスを問わずにいつでも閲覧いただけます。

これまで以上に、お客様に有益な情報をお伝えできるように努めて参ります。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。